その他

報道ステーションのCMが炎上している理由。擁護する人の意見も紹介

2021年3月22日に公開された、朝日テレビの「報道ステーション」CMが炎上しています。

CMの内容が女性蔑視だと考える人がいる一方で、炎上の理由がわからないという人も…。

そこで今回の記事では、報道ステーションのCMが炎上している理由や、このCMに何も感じないという人の声もご紹介します。

title
報道ステーションの炎上CMに出ている女優は?かわいそうの声も!この記事では報道ステーションの炎上CM女優について書いています。出演女性に対するかわいそうや批判の声も紹介。報道ステーションのCMのタレントが知りたい人はぜひご覧ください。...

<この記事は約3分で読めます>

スポンサーリンク

 

報道ステーションのCMが炎上している理由は?

girl

炎上してした報道ステーションのCMは、帰宅した若い女性画面のこちら側に向かって話し続けるという構成。

問題のCMの内容を文字に起こしてみると、下記の通りです。

<div class=”simple-box4″><p>

帰宅した若い女性が画面に登場。

女性のセリフ「なんかリモートに慣れちゃってたらさ。ひさびさに会社行くとちょっと変な感じしちゃった」

会社の先輩、産休明けて赤ちゃん連れてきてたんだけど、もうすっごい可愛くて。どっかの政治家がジェンダー平等とかっていまスローガン的に掲げている時点で『何それ、時代遅れ』て感じ」

「化粧水買っちゃったの!もうすっごいいいやつ。…にしても消費税高くなったよね。国の借金って減ってないよね

「あ、9時54分!ちょっとニュース見ていい?」

テロップ【こいつ報ステみてるな】

</p></div>

動画はこちらです。(現在は取り下げられていて視聴できない可能性があります)

この報道ステーションのCMが炎上した最大の理由「意図が分かりにくい」ということ。

批判を受けCMを取り下げた報道ステーションが発表した下記文書でも、「意図をきちんとお伝えすることができませんでした」と書かれています。

text

引用元:twitter

意図が分かりにくい構成・演出だっため、人によってさまざまな読み取り方ができ、誤解が生まれ、不快に感じる人が多くなっています。

そのうえで、ネットの声をもとにこのCMが炎上している理由を挙げてみました。

炎上した理由①「ジェンダー平等」の表現が…

CMでは、「産休明けの先輩がオフィスに赤ちゃんをつれてきた」という話のあとに、

girls

「ジェンダー平等をスローガンに掲げる政治家は時代遅れ」と女性に語らせています。

girls girl

下記のツイートにある通り、この女性の職場はジェンダー問題に取り組んでいる環境なので、いまさらジェンダー平等をスローガンにするのは古いと伝えたかったのでしょう。

わいちゃん
わいちゃん
確かにそういう風にとれるよね!

しかしその一方で、2021年現在、男性は子供の誕生後に育休をとることはできても、産休は母親である女性しかとれないことから、産休明けの先輩=女性と特定できます。

わいちゃん
わいちゃん
うむむ…

産休明けの女性社員が会社に赤ちゃんを連れてくるという状況は、下記のいずれかではないでしょうか。

<div class=”simple-box4″><p>

  • 先輩は、育休をとらずに職場復帰した(保育園に入れてない?)
  • 先輩は、産休後の育休中に会社に用事があって来た(預ける人いない?ワンオペ?)

</p></div>

いずれにせよ先輩のおかれている状況は、ジェンダー平等を達成した環境とは言いづらい…という意見がでるのも当然でしょう。

わいちゃん
わいちゃん
そういう見方もできるんだなあ

この先輩を女性ではなく、育休をとった男性にすればジェンダー平等がわかりやすかった…という意見もありました。

たった15秒や30秒のCMであれこれ細かく説明するのは難しいものです。

しかし、ジェンダー平等を扱うのであれば誤解を招かない表現を検討すべきでしたね。

また、産休明けの先輩がオフィスに子供を連れてきたことに対する感想が「赤ちゃん、すっごいかわいい」という軽いセリフだけで済まされているのも違和感を生んだようです。

「赤ちゃん、すっごいかわいい」の直後に「ジェンダー平等をスローガンにするなんて時代遅れ」というセリフがくるので、多くの人は意味がわからない…と感じたようです。

スポンサーリンク

炎上した理由②「消費税が高くなった」っていつの話…

報道ステーションのCMでは、女性に「化粧水買っちゃったの!もうすっごいいいやつ。…にしても消費税高くなったよね。国の借金って減ってないよね」と言わせています。

girls

どうやらこの女性は、高級な化粧水を買ったことで消費税が高くなったことを実感した…という設定のようです。

しかし、消費税が10%に上がったのは2019年10月のことで、CM放映時から1年半以上も前のこと。

わいちゃん
わいちゃん
未来の設定なの?困惑しちゃう

高い化粧水を買うまでもなく、日々のちょっとした買い物でも消費税の高さは実感するのでは?と思いますが…。

また、化粧水を買うことと消費税の話をつなげることで、消費税問題を軽く扱っている!と感じた人もいます。

化粧品が高級であることと、消費税が高いことは別だ!と指摘する声も。

わいちゃん
わいちゃん
確かに。

おそらくCMの意図としては、化粧水の話と同じくらい消費税にも関心をもっている若い女性を描きたかったのだと思います。

また、このCMは報道ステーションを見る意義を伝えるものであることから、「政治経済に関心なさそうな若い子が消費税について知っているのは、報道ステーションのおかげ」だと伝えようとしたと分析する人も。

ジェンダー平等や消費税、国の借金といった重大なテーマについて、軽々しく笑顔で語る女性を見せることで、報道ステーションは何を伝えたかったのでしょうか。

そこがわからないから、炎上しているのだと思われます。

 

スポンサーリンク

 

炎上した理由③ターゲットをバカにしている?

今回炎上した報道ステーションのCMは、若い女性タレントをメインにした演出なので、若い女性をターゲットとしたCMであると推察できます。

girl

CMの流れをおおまかにまとめると、

  1. 女性の先輩が会社に赤ちゃんをつれてきた
  2. ジェンダー平等は古い
  3. お高い化粧水を買った
  4. 消費税は高いし、国の借金は減ってない
  5. こんな話題を気にする女性は報道ステーションを見てる

上記のように羅列してみると、わずか30秒のCMの中にいろいろな話題が詰め込まれているので、ちょっと伝わりづらいのかなという印象です。

わいちゃん
わいちゃん
言いたいことが多すぎるから言葉足らずになったのかな

下記のツイートでも、「何を訴えたいのかわからない」「そうか、報ステみよう!とはならない」と指摘されています。


その一方で、下記のツイートでは、このCMは若くてかわいい女の子も化粧品をチェックする感覚で報道ステーションを見てるよ!と伝えたかったのでは?と推測しています。

あるいは、若いバカな女の子でも報道ステーションをみれば賢くなれるよ!といいたいのかなという声も。

まあ、報道ステーションは若い女の子に見てもらいたいという意図があったのかもしれません。

しかし、そんなターゲットである若い女性=お客さまのことを、CMの最後にテロップで「こいつ」よばわりしている点はなかなか…ですね。

girl

実際にツイッターでは、視聴者を想定した女性にツッコミどころ満載の発言をさせた挙句に「こいつ」よばわりをするなんて!という声がたくさん上がっていました。

バカっぽい若い子がニュースを見ていると知り、「こいつ、意外としっかりしてるな」と上から目線で言っているのか?という指摘の声も。

逆に、若い女性がターゲットなのではなく、若い女性を「こいつ」呼ばわりするのが好きな人を引き付けるためのCMなのでは?という意見もありました。

たしかに、視聴者を「こいつ」と呼ぶのは、お客様を「こいつ」と呼ぶのと同じことですからね…。

わいちゃん
わいちゃん
「こいつ」はちょっとひどいなあ

また、このCMはバカっぽく描かれている若い女性が「こいつ、報ステ見てないな」と言われて見るようになる…という流れならまだCMとしてはわかるという意見もありました。

みんなの解釈が違い過ぎて、びっくりしますね!

いずれにせよCMなので、もう少し万人に理解できる内容にすべきだったかもしれません。

 

報道ステーションのCMへの突っ込みや擁護の声

title

報道ステーションのわずか30秒のCMに対し、ネット上ではさまざまな意見がつづられていました。

ここでは、CMへの突っ込みの声や、擁護する声などをご紹介します。

報道ステーションの炎上CMに突っ込む声

報道ステーションのCMはツッコミどころが満載で、ツイッター上ではいろいろな意見が出ていました。

たとえば下記のツイートは、カジュアルな話題に時事問題を盛り込んで若者を引き付けようとしているのはわかるが、「報ステを見るとこんな若者が誕生するよ」と誰に向かっていっているのか?というもの。

たしかに、ここまでバカっぽく描かれた若者が「報ステ見よう!」とはならない気がしますね。

かといって、若者じゃない世代も、バカっぽい若者が見るための報道番組なのか?と思ってしまいそうです。

わいちゃん
わいちゃん
なるほどね!

また、このCMは女性をバカにしているというよりも、「当番組はバカ向けです」と宣伝しているのでは?なんてツッコミもありましたよ!

さらには、「こいつ報ステ見てるな」は皮肉なのでは?という声も!


報ステなんか見てるから賢くないのだという皮肉かと…。

わいちゃん
わいちゃん
ハハハ…

わずか30秒のCMでいろいろな意見を集められたという点では、とてもすごいCMだといえますね。

報道ステーションの炎上CMを擁護する声

賛否両論のCMでしたが、制作側の意図を好意的に読み取っている人もいました。

若い女性が敬遠しがちな話題を、化粧品の話のようにカジュアルにとりいれる番組を表現したかったのかも…という声もあれば、

政治に関心がない若い者層を振り向かせる意図があったのでは?と考える人も。

いずれにせよ、報道ステーションのCMがわかりにくかったのは間違いありません。