ミュージシャン・モデル

甲本ヒロトの薬物疑惑の原因は?痩せ過ぎてるのは病気のせい?

甲本ヒロトさんは、1980~90年代のバンドブームを牽引したロックバンド「THE BLUE HEARTS」のボーカリスト。

THE BLUE HEARTS解散後は新たなバンド「↑THE HIGH-LOWS↓」で10年間活動し、現在は2006年に結成した「ザ・クロマニヨンズ」でファンを魅了し続けています。

そんな甲本ヒロトさんのステージ・パフォーマンスはかなり独特で、ファンでない人が見ると「動きが異様」「薬などの中毒症状?」「痩せ過ぎてるけど病気?」などと思われることも…。

そこで今回の記事では、甲本ヒロトさんが薬物疑惑を持たれる理由や、痩せ過ぎの原因が病気かどうか?についてまとめました。

title
甲本ヒロトと松本人志はどんな関係?仲良しエピソードまとめこの記事では甲本ヒロトと松本人志の関係について書いています。2人の関係や交流が始まったきっかけ、仲良しエピソードなども紹介。甲本ヒロトと松本人志の仲が気になる人はぜひご覧ください。...

<この記事は約3分で読めます>

スポンサーリンク

甲本ヒロトが薬物疑惑を持たれる原因は?

man

ネット上では甲本ヒロトさんが薬物中毒なのでは?と疑う人が少なからずいます。

そう思われる原因として考えられるのは、下記の3点です。

  1. 甲本ヒロトはパフォーマンスが過激
  2. 甲本ヒロトのしゃべり方がおかしい
  3. 甲本ヒロトは痩せ過ぎている

実際にそんな不名誉な疑いをもたれるほど異様なのかどうか見ていきましょう。

甲本ヒロトはパフォーマンスが過激

甲本ヒロトさんに対して薬物疑惑を感じる人の多くが、TVでパフォーマンスを見た人のようです。

singer

歌唱中の甲本ヒロトさんの動きの特徴を挙げてみると、

  • 動きがめちゃくちゃ激しい
  • 飛び跳ねまくる
  • 白目をむきながら歌う
  • 舌や目をやけに動かす
  • 酔ったように体を揺らす

上記のような状態の人が目の前にいれば、誰だって「危ない人」「おかしな人」と思ってしまうのは当然かもしれません。

しかし、こうした甲本ヒロトさんの動きは完全にパフォーマンスとも考えられます。

なぜなら甲本ヒロトさんが音楽を始めるきっかけとなった、70年代の伝説的パンク・ロックバンド「セックス・ピストルズ (Sex Pistols) 」をはじめ、パンクのボーカルはみんな甲本ヒロトさんのような歌い方をしているから。

 singers

下記は「セックス・ピストルズ」の動画ですが、ボーカルのジョニー氏がマイクに噛みつくかのような感じで歌う様子を見ると、甲本ヒロトさんが影響を受けていることがわかります。

わいちゃん
わいちゃん
マネしてるね!

甲本ヒロトさんは自分がかっこいいと感じたボーカリストのパフォーマンスを取り入れながら、自分らしいパンク・ロックを表現していると考えられるのです。

そんな甲本ヒロトさんのテレビ初出演は1987年12月30日

THE BLUE HEARTSのメンバーとして音楽番組「夜のヒットスタジオ年末スペシャル」に出演しました。実際の動画はこちら

interview

このとき多くの視聴者が初めて甲本ヒロトさんのパフォーマンスを見たわけで、彼らのことを笑う人や馬鹿にする人もいたはずです(当時はSNSなどがないので視聴者の声はわかりませんが)。

singer

しかし、このTV出演後にTHE BLUE HEARTSの人気が爆発していった事実を鑑みれば、甲本ヒロトさんの動きの異様さよりも楽曲や歌声、ステージングに圧倒された人の方が多かったと推察できますね。

singer

甲本ヒロトさんの他のバンドとは異なるパフォーマンスはパンク・ロックの流れをくむものであり、薬物などの影響ではなくあえてそういう動きをしているといえます。

スポンサーリンク

甲本ヒロトのしゃべり方がおかしい

TVに出演した際の甲本ヒロトさんのしゃべり方は、外国人や幼児が話す片言の日本語のようなたどたどしさがありますね。

そうした点からも「薬物や病気の影響でしゃべり方がおかしいの?」と感じる人がいるようです。

しかし、甲本ヒロトさんは普段はフツーにしゃべっています。

「甲本ヒロト インタビュー」で検索すると普通にペラペラとしゃべっている甲本ヒロトさんの動画がたくさん出てきますよ♪

talking

また、甲本ヒロトさんはTVでたどたどしいしゃべり方をしているときでも、話の筋はきちんとしているので頭が飛んでいるわけではなく、あえてこういうしゃべり方をしているのだと推察できます。

なぜTV出演時にそんな演技をしているのかは、今のところわかっていません。

ただ、甲本ヒロトさんや長年の相棒であるマーシーこと真島昌利さんは、若い頃から風変りな人を装っている=パンク・ロックを体現しているようなところがあります。

それをファンでない人が見て奇怪に感じ、薬物などの噂が出ているのだと考えられます。

甲本ヒロトは痩せ過ぎている

甲本ヒロトさんは痩せ過ぎてるのは薬物中毒のせい?と言われることがあるようです。

しかし、甲本ヒロトさんはある時期から急に痩せたのではなく、若いころからずーっと同じ痩せ型の体型。

ブルーハーツ時代も痩せ型だし、

band

ステージ上でも足がめちゃくちゃ細いのがわかるし、

singing

年齢を重ねても細いまま!

men

特に甲本ヒロトさんはパンク・ロッカーのファッションとして、常にスキニーパンツを履いているため、余計に足が細く見え「痩せ過ぎ」に見えるのだと考えられます。

下記の画像は50代のものですが、こんなにスリムです。

men

わいちゃん
わいちゃん
 とにかく足が細いね!

薬物中毒のせいで痩せてしまった芸能人は、もっと顔色が悪かったり髪が抜けたり歯がボロボロになっていたりしますよね。

わいちゃん
わいちゃん
確かにそうだね

でも、甲本ヒロトさんの外見を見る限り、

men

顔色もいいし、髪もふさふさだし、歯もヤニ汚れなどもなくキレイです。

men

ただ痩せた体型をキープしているだけですよね。

わいちゃん
わいちゃん
優しい笑顔がステキ…!

パンク・ロッカーが太ってしまうとパフォーマンスにキレがなくなるので、太らないように気を付けているのかもしれませんね!

スポンサーリンク

甲本ヒロトの薬物疑惑に対するファンの声は?

man

甲本ヒロトさんの多くのファンは薬物疑惑をデマだと否定している人が圧倒的に多い印象でした。

ファンが薬物疑惑はデマだ思う理由はなんなのでしょうか?

甲本ヒロトは理路整然としているから薬物は使ってない

前出の通り、甲本ヒロトさんはTV出演時にあえて変なしゃべり方をしているように見受けられますが、そうした場合でも、話している内容は常に理路整然としています。

その後の歌唱シーンで「いっちゃってる」ような様子であっても、トークではきちんとした内容を話せているので薬物は使っていないというのです。

甲本ヒロトは歌詞で薬を否定しているから使ってない

甲本ヒロトさんが所属していたザ・ハイロウズに「ガタガタゴー」という曲があります。

この曲の作詞・作曲・ボーカルは真島昌利さんで、甲本ヒロトさんはコーラスで歌唱しています。

実はこの曲の歌詞には、ピー音で消されてはいるものの薬物の名前がでてくるんです。

わいちゃん
わいちゃん
な、なんと!

とはいえこの曲は薬物を崇めるものではなく、薬物に快楽を求めるなんて退屈だからだ!薬物よりロックをやってる方がかっこいい!ということを示しています。

機関車みたいに走っていくぜ
24時間じゃ全然足りねえ
全てブチのめせ オレのロックンロール

ガタガタゴー

落ち着かないなら・・・でも吸えよ
くたびれたんなら・・・でもやれよ
結局のところ退屈なんだろ   引用元はこちら

薬物に手を出す人たちは「結局のところ退屈」だからそんなことをするんだ…と歌っている甲本ヒロトさんが薬物に手を出すはずがない。

そういう風にファンは思っているようです。

スポンサーリンク

甲本ヒロトの薬物疑惑に対する実際の声

ネット上で探して見ると、最初は薬物を疑ったがあとでこの人は大丈夫だと思い直したという人が結構多かったです。

やってそうなのにやってないところが甲本ヒロトさんのかっこいいところだ!という声も。

甲本ヒロトさんの言動はパフォーマンスだ!と強く言い切るファンもいましたよ。

ネット上では、とくに甲本ヒロトさんのことをあまり知らない若い人の間で薬物疑惑が噴出していました。

でも甲本ヒロトさんの楽曲や人となりを知ると「この人はやってない!」と確証を持つ人が多いようですね!

事実、甲本ヒロトは薬で逮捕されたことはない!

甲本ヒロトさんは薬物中毒の噂がありますが、一度も逮捕されたことはありません。

近年そうした罪で逮捕される芸能人やスポーツ選手は、やってなさそうな人が多いですよね。

もし本当に甲本ヒロトさんが快楽におぼれていたとしたら、逮捕されないようにもっと普通の言動を心がけるのではないでしょうか。

わいちゃん
わいちゃん
確かにね!

やっている人のような振る舞いをしている甲本ヒロトさんが40年近くもつかまらないのは、つまり、やっていないからだと多くのファンは考えているようです。

スポンサーリンク

痩せ過ぎてるのは病気のせい?

men

甲本ヒロトさんは前出の通り、若い頃からずっと痩せ型の体型ので、病気のせいで痩せたわけではありません。

甲本ヒロトさんは痩せてはいるものの、おおむね健康的な人です。

過去に入院したのは2007年10月に急性疾患にかかったときだけ。

<急性疾患とは>

急激に発症し経過の短い疾患のこと。急性疾患の例としては、急性骨髄性白血病・急性心不全・急性腎不全・急性肺炎・急性心筋梗塞・急性肝炎・急性アルコール中毒…などがある。

このときは予定していたライブを急遽延期しましたが、わりとすぐに復帰しているので、それほど重い疾患ではなかったと予想できます。

また、2017年7月に甲本ヒロトさんはバイクで転倒し、鎖骨と肋骨を骨折したことがありました。

この際もライブを延期しましたが、復帰時には折れた腕をアームホルダーで吊りながらパフォーマンスを行ったそうですよ!

わいちゃん
わいちゃん
当時54歳だよね?すご過ぎる!

また近年の甲本ヒロトさんの顔は頬がこけているように見えますが、

men

それは加齢の影響で、もともと少ない顔の肉(皮)が下垂しているからだと考えられます。

…というのも、甲本ヒロトさんはなんと1963年生まれ!

孫がいてもおかしくないような年齢なんですね♪

わいちゃん
わいちゃん
もうすぐ60歳!?

甲本ヒロトさんには若い頃から薬物疑惑がありますが、実際にはやっていないからこそこの年齢までルックスも体も元気なまま過ごしてこられたのだと思います。