スポーツ選手

森且行の年収が大幅アップ!生涯獲得賞金やSMAP時代の年収は?

オートレーサーの森且行さんが、2020年11月3日にオートレースの最高峰であるSGレースで念願の初優勝を果たしました!

森且行さんの快挙に際し、元SMAPの全メンバーが祝福のコメントを出したことでさらに注目が集まっていますよね。

ネット上では森且行さんの年収や賞金に関する話題や、SMAPを辞めて夢をかなえた森且行さんはすごい!といった声が多く出ています。

そこで今回の記事では、森且行さんの年収生涯獲得賞金SMAP時代の収入などについて調べてみました。

<この記事は約3分で読めます>

スポンサーリンク

森且行の年収はアップ!2020年はいくら?

racer2020年11月3日に森且行さんが優勝した川口オートレースのSG(スーパーグレード)「第52回日本選手権オートレース」とは、最も歴史が長く権威のあるタイトルレースです。

今回の優勝で森且行さんは、賞金1700万円を獲得!

racer

森且行さんの2020年度の取得賞金はこれまで約1529万円(2020年10月28日現在)で、オートレーサーの全国賞金ランキングでは35位でした。情報元はこちら

しかし今回の賞金をプラスすると約3229万円になるため、一気に賞金ランキング10位以内に浮上することが判明!

わいちゃん
わいちゃん
すごいですね!
<いろんな業界の平均年収>

  • オートレーサー・・・約1400万円
  • JRA騎手・・・・・・約1000万円
  • ボートレーサー・・・約1600万円
  • 競輪選手・・・・・・約1200万円

2020年12月には「スーパースター王座決定戦トライアル」があるので、そこでの順位次第で森且行さんの年収はさらにアップするかもしれません。

森且行の収入はレース以外にもある!

森且行さんは元SMAPのメンバーであることから、オートレーサーになった今でもかなりの知名度があり、企業のCMやPR活動によく起用されています。

PR
わいちゃん
わいちゃん
ユニクロやポカリにも起用されてたんだ!

半分芸能人のようなものなので、契約料もそれなりに高額だと予想できますね!

また、超人気グループだったSMAPを辞めて夢に突き進んだ森且行さんの生き方は、イメージが良いので起用しやすいというのもありますよね!

下記の「カープラス」の動画はまさに熱い思いで夢を叶えた森且行さんのイメージをうまく利用した構成です。

森且行さんのCM契約は、2018~2019年にはありましたが、残念ながら2020年はありませんでした。

ただ今回のSG優勝で注目度が高まり、またSMAPのメンバーが祝福を送ったという話題性も相まって、来年に向けて新しいCM契約の話が舞い込む可能性はおおいにありますね!

わいちゃん
わいちゃん
収入がさらにアップするね!

また、森且行さんはTV番組やYoutubeにもたまに出演しているので、金額は不明ですが、出演料として少なからぬ収入を得ているのではないでしょうか。

つまり、森且行さんの2020年の年収は、1529万円+1700万円=3229万円

さらに、こまごまとした出演料を加えると、現段階で森且行さんの年収は3229万円をくだらないと推察できます。

スポンサーリンク

森且行の生涯獲得賞金はいくらか?

men森且行さんはSMAPを脱退後、20年以上オートレース界で努力をし続けてきました。

わいちゃん
わいちゃん
選手学校でイチから訓練をしたらしいよ!

ここでは、そんな森且行さんの実力や生涯獲得賞金についてまとめています。

森且行のオートレースの実力は?

森且行さんがオートレーサーとしてデビューしたのは1997年7月6日のレース。

所属する川口オートに押し寄せたSMAP時代のファン3万5千人の前で、見事1着を飾りました。

race
わいちゃん
わいちゃん
オートレース人気にも貢献していそうだね!

オートレーサーには成績順ランキングがあるのですが、森且行さんは2000年の後期にはオートレースで最上位のS級ランクを獲得して以来、ほぼずーっとS級を維持しています。(A級にランクダウンしたのは2005年、2006年前期、2017年、2019年前期のみ)

race

森且行さんの2020年の後期のランクは「S-25」

これは、全国にいる396名のオートレーサーのうちの25位ということなので、森且行さんはレーサーとしても優秀な成績を残している証ですね!

森且行の生涯獲得賞金は?

森且行さんは、デビュー2年目で新人王戦を制し、7年目にG2、13年目にはG1を制覇!この年に川口オートでランキング1位を獲得しています。

man

なんと現時点で、生涯獲得賞金は6億円を越えているそうです!情報元はこちら

とはいえ、オートレーサーはレースや練習中の事故でケガを負うリスクがあるため、この金額が高いのかどうかは一概に言えませんね。

ちなみにオートレースの選手は高齢になっても続けやすいようで、谷口武彦選手は75歳でもいまだ現役で走っています。

森且行さんはまだ40代なので今後もまだまだ活躍できそうですね!

森且行はSMAP時代より高収入?SMAPを辞めてよかった?

boys

デビュー当時のSMAPは、リーダーである中居正広さんと森且行さんが人気の2トップだったといわれています。

わいちゃん
わいちゃん
キムタクよりも上!?

森且行さんは歌や踊りがうまく、身長は177.7cmと高く手足が長いので、とてもかっこよかったそうですよ!

men
わいちゃん
わいちゃん
今でもスタイルいいよね!

そんな森且行さんは、SMAPの中で最も早くソロでのドラマ出演を果たしていて、俳優の仕事も多かったため、その後の木村拓哉さんと似た路線で売り出そうとしていたのだと推察できます。

ということで、SMAP時代の森且行さんの年収を大雑把に知るために、木村拓哉さんの年収を参考にしてみましょう。

men

昔は高額納税者の納税額が「長者番付」というリストで公表されていて、そこに載っていた木村拓哉さんの所得税納税額の推移は下記の通りです。

<木村拓哉の所得税納税額の推移>

  • 2002年度・・・6469万円
  • 1999年度・・・7387万円
  • 1998年度・・・7258万円
  • 1997年度・・・8835万円

森且行さんが脱退したのは1996年の5月末ですが、残念ながら1996年以前は木村拓哉さんも森且行さんも長者番付に載っていませんでした。

木村拓哉さんが1997年から長者番付に入っているのは、前年の1996年に連ドラ「ロングバケーション」が大ヒットしたからだと思われます。

とはいえそれ以前の木村拓哉さんも連ドラ「あすなろ白書」や「若者のすべて」などで活躍していましたし、SMAPとしてのヒット曲もそれなりにありました。

なので、木村拓哉さんは1996年以前も4000~5000万円くらいは所得税を払っていたと考えるのが自然ですし、森且行さんも同じくらいは支払っていたでしょう!

一般的に手取り年収が1億円の人は、所得税納税額が約3922万円になるそうです。情報元はこちら

つまり、SMAP時代の森且行さんの年収は1億円以上あった可能性がありますね♪

わいちゃん
わいちゃん
芸能界は夢があるな~!

もし森且行さんがSMAPをやめていなければ、木村拓哉さんや他のメンバーと同等の金額を稼ぎ続けていたでしょう。

ただ、森且行さんにとっては芸能界で成功して稼ぐことよりもオートレーサーになる夢の方が大事だったので、今の方が年収が低くとも「ジャニーズを辞めてよかった」と思っているでしょうね♪