俳優・女優

「ポーの一族」キャストが批判・心配される理由は?千葉雄大で大丈夫?

少女漫画の不朽の名作として名高い「ポーの一族」がミュージカルになることが発表されました。

主人公・エドガーは元宝塚の明日海りおさん、エドガーと時を旅するアラン役を俳優・千葉雄大さんがつとめることがわかり、大きな話題を呼んでいます。

「ポーの一族」は非常に人気の高い作品のため注目度が高く、このキャストを批判したり心配したりする声も!

そこでこの記事では、「ポーの一族」ミュージカル版のキャストの何が批判・心配されているのかをまとめてみました。

https://yy-note.com/yudai-chiba_bhttps://yy-note.com/yudai-chiba_ballet-sing/allet-sing/

<この記事は約3分で読めます>

スポンサーリンク

「ポーの一族」ミュージカルが批判される理由

poster

「ポーの一族」ミュージカル版に対して期待と絶賛の声がある一方、批判や心配の声も聞こえてきます。

なぜ否定的な意見が挙がっているのか、その理由について調べました。

理由①千葉雄大と明日海りおのコンビが不安

原作を知らない方のために説明しておくと、「ポーの一族」原作では、主人公のエドガーとアランはいずれも14歳くらいの美少年です。

comic

エドガーを演じる明日海りおさんも、アランを演じる千葉雄大さんも、「美しいビジュアル」という点ではクリアしていますよね!

しかし、明日海りおさんも千葉雄大さんも30歳を超えた成人のため、どこまで少年っぽさを出せるのかが心配されています。

わいちゃん
わいちゃん
画像では美少年っぽいけどね!

また、明日海りおさんは女性で、千葉雄大さんは男性なので、並んで演じるとどうしても体格や声で男女差が出てしまうのでは?という点も批判・心配されている理由の1つ。

原作ではエドガーとアランの身長や体格はほぼ同じなので余計に気になるかも、ですね。

ちなみに、明日海りおさんの身長169cmは、千葉雄大さんは173cmです。

わいちゃん
わいちゃん
千葉雄大って意外と背が高いんだ!

理由②宝塚版「ポーの一族」と比較されてしまう

「ポーの一族」が初めて実写化されたのは、2018年に宝塚歌劇団の舞台でした。

poster

宝塚版の「ポーの一族」は大好評で、原作ファンも宝塚ファンともに満足度がかなり高かったようです♪

今回エドガーを演じる明日海りおさんは、宝塚版でもエドガーを演じていて、「ポーの一族」の実写化と言えばこのひと!というくらい認知されています。

わいちゃん
わいちゃん
原作者の萩尾望都さんも明日海りおさんを絶賛してたんだね~。

キャストや世界観があまりにもすばらしかった宝塚版「ポーの一族」と今回のミュージカル版はどうしても比較されてしまうため、上演前からがっかりする声が聞こえてくるのも仕方ないかもしれませんね…。

ちなみに脚本・演出は宝塚版と同じ小池修一郎さんなので、宝塚版とはストーリーが異なる可能性もありますよ!

理由③「ポーの一族」は原作ファンが多い

漫画原作の実写化は、どうしても批判が多くなってしまうもの。

萩尾望都さんが描く「ポーの一族」は1972年にスタートした大人気少女漫画で、時代を超えて多くの人に読まれてきています。

comics
わいちゃん
わいちゃん
とくに熱烈なファンが多い作品だよ!

発表当初に10代だった読者層の年齢を考えると、「ポーの一族」のファンの年齢幅はめちゃくちゃ広いことが想像されますね。

そのため、実写化キャストのビジュアルや演出を批判・心配する人が多くなってしまうのは仕方ないとも言えます…。

わいちゃん
わいちゃん
批判や心配を覆してほしいですね!

理由④千葉雄大はミュージカル初心者、大丈夫?

千葉雄大さんは話題の映画・ドラマに多数出演している俳優で、人気もキャリアも十分です。

yudai

しかし、今回の「ポーの一族」はミュージカルであることから、

  • 千葉雄大って歌えるの?
  • 千葉雄大って踊れるの?
  • 舞台での立ち姿は大丈夫?

という批判・心配の声が少なからず挙がっています。


ミュージカル自体のファンという人も多いので、そういう目の肥えた観客から見ると、ミュージカル初心者の千葉雄大さんに批判・心配の声が集まってしまうのは仕方がないかも。

とはいえ、千葉雄大さんは以前から「ミュージカルに挑戦したい」と常々語っていたので、今回の「ポーの一族」にかける意気込みは本物のようですよ♪

お酒を断ったり、バレエを習ったり、ピアノを買ったりして、ミュージカル出演に向けて準備を進めていたそうですよ!

https://yy-note.com/yudai-chiba_bhttps://yy-note.com/yudai-chiba_ballet-sing/allet-sing/

スポンサーリンク

「ポーの一族」キャストに対するみんなの声

cast

ネットやSNS上で「ポーの一族」ミュージカル版のキャストに対する声を集めてみました。

ミュージカル版を批判・心配する声

「ポーの一族」ミュージカル版に寄せられた批判・心配の中で多かったのは、

  • 宝塚版の世界観を壊さないでほしい
  • 千葉雄大が心配

上記のような声が目立っていました。

まずは宝塚版「ポーの一族」が好きだった方々の声はこちら。

明日海りおさんと千葉雄大さんのコンビを心配する声もありました。

エドガーが明日海りおさんも、アランが千葉雄大さんも、それぞれ単体では合うなーと思うのですが、あの少年2人組を片方が成人女性、片方が成人男性で演じるというのは、バランス的にどうなのかなという懸念はあります。明日海さんは男役だったとはいえ相当華奢ですからね。

ポーの一族はきゃしゃな少年が時空を漂う切ないストーリー。
カッコ可愛い千葉さんなら美しい世界が広がると思います。ただ、明日海さんの横に並ぶとウエイトをかなり落とさないと…。
萩原先生の大事にされている世界観を魅せていただけるのが今からとても楽しみです。

また、千葉雄大さんがミュージカル初心者であることを心配している人も…。

ビジュアルはいいけど、歌えるの?踊れるの?
ドラマの立ち姿や身のこなしを見てる限りは運動神経良さそうとかしなやかなダンスとか望めそうにないのだけど。

お次は、原作ファンと思われる方の声です。

面白かったのは、こちらのコメント!

千葉雄大さんが宝塚メイクをするのか、明日海りおさんが薄めのメイクでエドガー役をこなすのか?

2人のメイクのバランスが違っていたら、それこそおかしな世界観になってしまいそうですね。

わいちゃん
わいちゃん
気になる!

ミュージカル版に期待・応援する声

れいちゃん(柚香光さん)以上に似合う男の俳優さんが想像できなかったので心配でしたが、千葉さんならいけそう!とビジュアルを見て思えました。「いいね!光源氏くん」もよかったし、演技力は大丈夫だと思うので後は歌とダンス頑張ってください!外部のミュージカルは高いので辛いけど、何とかチケットがとれたらぜひ観たいです。

原作ファンですが、千葉雄大くんならきっと美少年なだけじゃなく茶目っ気たっぷりだったり、意固地だったり、危うさを秘めた愛すべきアランを演じてくれると思います。

個人的にはメリーベル役が気になります。

元祖耽美もの作品ですね。原作のあの線の細く繊細な絵柄と比べ配役大丈夫かな、と心配しつつ楽しみ。原作ファンも宝塚ファンも、愛故に辛口が多いから頑張って下さい

原作は少女漫画を文学のレベルに引き上げた傑作中の傑作です。思い入れの強いファンも多く宝塚が舞台化するときも賛否両論で荒れた事も覚えています。
批判はあって当たり前と思って取り組めば大丈夫だと思いますので、頑張って下さい。

14歳という、少年なんだけど子どもとは違うという微妙な年代を大人が演じるのはどうなんだろうと思ってしまうけど、千葉さんのこのビジュアルは良いですね。映画化はキツそうだけど、舞台なら遠目で見るので違和感は薄れるのかなぁ。原作のあの雰囲気をどう現実世界でどう表現するのかも気になりますね。

モトさまのポーは子供時代愛読した思い入れの強い作品ですが、この作品を知らない世代がこの舞台をきっかけに原作も読んでくれたらファンとしては嬉しいです。

ポーの一族を知らない若い方達が、千葉雄大さんが出演する舞台で知るのもステキなことですね。ポーの一族ファンの方々には漫画との違いとひかくせずに見てほしい。

ここでは主に千葉雄大さんのファン意外の方の声を集めて紹介しました。

このように、「ポーの一族」ミュージカル版に期待する声も結構たくさんあるんです!

わいちゃん
わいちゃん
もちろん千葉さんファンは絶賛の嵐です!

その一方で、批判や心配の声も目立つ…ということは、それだけ「ポーの一族」ミュージカル版の注目度が高いという証でもあります!

先入観を持たずに、新たな「ポーの一族」として楽しめたらいいですね!

チケットは、宝塚ファン・千葉雄大ファン・原作ファンの三つ巴の争奪戦が予想されますので、いまから戦略を練っておきましょう♪