アイドル・タレント

Niziuマコは韓国人?日本語がなまってるのは方言?出身地は?

2020年12月2日にデビューする9人組ガールズグループ「Niziu」のリーダー・マコさん

歌番組やバラエティにNiziuが出演する際、マコさんはリーダーとして発言する機会が多くあるのですが、日本語がなまっているため「韓国人?」と思う人も多いようです。

そこで今回の記事では、Niziuのマコさんは韓国人か?なぜ日本語がなまっているのか?について迫ってみます。

title
NiziUメンバーのキャッチコピーの理由は?ファンの声も紹介!この記事ではNiziUメンバーのキャッチコピーについて書いています。キャッチコピーを付けた人や理由、それに対するファンの声も紹介。NiziUのキャッチコピーが気になる人はぜひご覧ください。...
title
NiziUマユカはどれくらい垢抜けて可愛くなった?整形か?画像比較この記事ではNziUマユカがどれくらい垢抜けて可愛くなったか?を書いています。変わった理由は整形かメイクかなど、過去画像で検証。NziUマユカの外見の変化が気になる人はぜひご覧ください。...
title
NiziUミイヒは老けた?実年齢は?ほうれい線は痩せ過ぎが原因?この記事では、NiziUのミイヒが老けたと言われている件について書いています。過去画像と比較しながら、ミイヒのほうれい線の原因は痩せ過ぎかストレスかなどを検証。ミイヒの外見について気になっている人はぜひご覧ください。...

<この記事は約3分で読めます>

スポンサーリンク

Niziuのマコは韓国人?

girls

Niziuは韓国人プロデューサーJ.Y.Parkさんが中心となって立ち上げたプロジェクトなので、虹プロを見ていない多くの人は「韓国人のグループなのでは?」と思っているようです。

しかし、結論から言うと、Niziuに韓国国籍のメンバーは1人もいません!

girls

メンバーの国籍はほとんどが日本人で、外国籍なのはヒルマン・ニナさん(アメリカ国籍)だけです。

Niziuの人気は徐々に上がってきていますが、ネット上では今なお「韓国人だと思ってた!』という声があります。

Niziuマコが韓国人だと言われる理由は?

Niziuのマコさんが韓国人といわれる理由としては

  • 日本語がなまっている
  • 韓国語がうまい

上記2点が考えられます。

マコさんは日本国籍でありながら、日本語の話し方がなまって聞こえるのは方言のせいです。

マコさんが日本人だとわかっている人でも、片言の日本語を話しているように感じる人もいました。

またマコさんは、虹プロのレッスン中などJ.Y.Parkさんやスタッフの韓国語を通訳なしで理解して意思疎通ができていました。

そのため韓国人なのでは?と思われているのですが、実はマコさんは小学生時代から韓国語を独学していたのだそう。

わいちゃん
わいちゃん
努力家さん!

さらに、マコさんは中学卒業後にJYP練習生になり、韓国でレッスンに励んでいました。

JYP練習生は韓国語の習得が必須なので、マコさんもデビューを夢見て必死に勉強したのでしょうね!

girl

ちなみにJYP練習生とは誰でもなれるものではありません。

マコさんは15歳のときにJYPの13期オーディションに参加し、約3,500人の中から3位で合格しています!

girls
わいちゃん
わいちゃん
昔からスゴかったんだ!

その合格から虹プロに挑戦するまでの2年7カ月の間、マコさんはずっと韓国でレッスンに励んでいたので、韓国語が上達しているのも当然といえば当然ですね♪

スポンサーリンク

Niziuマコの日本語がなまってるのは方言?

girls

Niziuの出演番組でトークをするマコさんを見た人の中には、彼女の話す日本語がなまって聞こえることがあるようです。

マコさんの出身地はかなり方言がキツめのエリアのようですね。

そんななまっているマコさんが可愛い!という声も!

なぜか、マコさんのなまっている話し方が、韓国人アイドルの話し方に聞こえる…なんて言う人も意外と多くいましたよ。

韓国人が話す日本語を聞いているうちに、だんだんそうなってしまうのでしょうか?

また、マコさんの話し方を聞いて調べてみたら同郷だった!とびっくりしている人もいましたよ♪

さて、マコさんの方言はどこの方言なのでしょうか?

Niziuマコの出身地はどこ?

Niziuマコさんの出身地は、福岡県の八女(やめ)市というところです。

マコさんの話し方がなまって聞こえる理由は、「八女弁」というこの地方の方言が関係していることがわかりました。

方言とは関係ありませんが、八女市に住んでいた中学生時代のマコさんはこんな感じでしたよ。

girls
わいちゃん
わいちゃん
面影があるね~!

マコさんは中学卒業後、15歳のときにJYP練習生に選ばれて韓国へ行ってしまい、その後虹プロを経てNiziuとなり、日本に帰ってきました!

わいちゃん
わいちゃん
八女にも里帰り、できたのかな?

マコさんの八女弁の影響力はNiziu内でもかなり強力なようで…。

たとえばリマさん。

girl

Niziuの過去動画で、東京出身のリマさん「おらっしゃる」という言い方をしていることがあり、「リマちゃん、日本語がおかしいぞ?」と感じた視聴者は少なくありませんでした。

しかし実はその「おらっしゃる」とはマコさんが話す八女地方の方言で、それがリマさんにうつってしまった…ということだったのです。

わいちゃん
わいちゃん
なんと!

Niziuは一緒に生活をしていたため、リマさん以外にミイヒさんも八女弁が話せるようになっているようです。

girl

Niziuが登場する番組を見ると必ずと言っていいほどマコさんのなまった日本語が聞けるので、心がほっこりしますよね♪

そんな癒し系のマコさんですが、いざ曲が始まると誰よりもキレッキレのパフォーマンスを見せてくれます。

わいちゃん
わいちゃん
カッコイイ!

福岡県八女市を代表するスターであるNiziuのリーダー・マコさんの活躍が、これからも楽しみですね!